エクセル一覧

熟練者でも、「こんな機能が追加されていたのかぁ」という気づきがあるものです。便利な技術は共有せねばとの思いで書いています。

sumif と sumifs 関数

VBAを推奨しておいて、相反することになるかもしれませんが、今日は「sumif」「sumifs」関数について触れたいと思います。「プログラムはエンドユーザーの領域を外れてますよ」という方、あるいは「属人的になるのを避けたいのでエクセルのメニューの範囲でどうにかならないか?」という方には、「sumif」「sumifs」がお薦めだと思います。

これだけ知っていれば充分!易しいVBAの教科書(応用編)

はっきり言って、その時だけの作業であれば関数を駆使する方が早いです。しかし、最初に申し上げた通り、毎日、毎週、毎月など、繰り返し作業する場合は、ちょっと脳みそに汗をかいて作り込みをしておくことを勧めます。その年にアウトプットする資料のイメージができているなら、最初の1ヶ月残業してでも、プログラム化しておいてください。2ヶ月目からワンクリックで作業が終わります。後に生み出される時間を、新たな仕事に振り向けられたなら…。どんどん、自分の業務を改善していってください。

これだけ知っていれば充分!易しいVBAの教科書(基本編)

最近のエクセルの売れ筋の本を見ると、やたらVBAの使い方に関する本が目立ちます。仕事の効率化や自動化が求められ、ビジネスマンに関心が高い項目なんでしょう。しかし、書店に並んでいる本を見てみると覚えることが多すぎて、最後まで行き着くのか心配になる本がほとんどです。忙しいビジネスマンにとってそれは、買ってはやめ、また他の本を買ってはやめの繰り返しになっているのではないか?と思うのです。自動化が目的なら、思い切って覚えることを削ぎ落として、短時間で習得して、とりあえず実行しなきゃ。ということで、これだけ知っていれば、VBAは充分だという内容を、基本編と応用編に分けてお伝えします。

エクセルの使い方「7つのルール」

仕事を見える化は、組織の生産性向上につながります。誰がやっても一定のレベルの品質が保てますし、引き継ぎ自体がスムーズになります。今回のお話は、エクセルの見える化とも言えるでしょう。エクセル活用「7つのルール」を網羅すれば、組織としてホワイトカラーの生産性が向上します。属人的になりがちな、エクセルによる集計や分析。是非、

絶対参照を制するものはエクセルを制す

「左を制するものは世界を制す」 ボクシングで語られる言葉。ジャブの技術に長けた選手が、世界最強の座を手にするとする格言です。「左ジャブ」=「基本」との考えから、基本の重要性を説く言葉となっています。逆に言えば、「左ジャブ」=「基本」が出来ないとチャンピオンにはなれないここ、ということです。 エクセルにも、

事業計画に使えるCAGR

CAGRとは、Compound Annual Growth Rateの頭文字で、年平均成長率と訳します。 MBAでも学ぶ計算で、事業計画や投資の指標としても使われます。普通の電卓では簡単に計算できないので、あまり馴染みのない計算ではありますが、ビジネスマンなら知っておいて損はない、というより是非知っておいてもらいたい計算です。では、どんな使い方か?事業計画を例にして説明いたします。

文字を繋げる

テキスト操作として既に定着した操作だと思います。 & や ””を駆使 &や””を駆使して繋げていけばいいのでそれほど難しくもありません。...

金額を千円単位で表示する方法

表の中で百万円を表示するとき、単位を千円として、1,000と表すことってありますよね。元の数字が円単位の場合、÷1,000と式を立てて計算した結果を反映させている方いませんか?これも表示を設定するだけで千円単位の数字に変えることができるんです。

金額欄に円を表示する

例えば、2,000円と表示したい場合に、2,000の数値セルと「円」と入力したテキストセルを並べているのなら、次の方法でスマートに表示したいですね。 1_2,000と表示された数値セルを選択。 2_右クリックで「セルの書式設定」を選択。 3_表示形式のタブを選択。 4_分類ボックスの「ユーザー定義を選択」 5_種類ボックスに #,##0"円";[赤]-#,##0"円" と入力。 6_OK。 以上で数値セルの「2,000」が「2,000円」と表示されます。