中小企業診断士試験一覧

経営コンサルタントやってますが、独りよがりにならないよう原理原則の確認を兼ねて綴ります。

DXの推進の前に社内の情報システム化を

最近、耳にする「DXの推進」。未だ、なにそれ?という人もいるけど、日本の働き方改革においても、喫緊の重要課題です。ちなみにDXとはデジタルトランスフォーメーションのこと。デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)ならDTだろう、と言いたいところですが、英語圏では「Trans」を省略

5S「整理、整頓、清掃、清潔、躾」できてますか?

5Sは、「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「躾」の順番で言えることが大事です。そのまま、現場をよくする手順だからです。 【整理】 「要るもの」と「要らないもの」を分けて「要らないもの」を捨てる 【整頓】 「要るもの」をいつでも使える状態に配置する 【清掃】 汚れを拭き取って綺麗にする 【清潔】 いつも綺麗な状態を

フェイクニュース対策

自衛隊のP1哨戒機が韓国海軍艦艇から射撃用の火器管制レーダーを受けたとされる問題で、自衛隊機の異常接近に対する対応にすぎないとして、その異常接近の写真が広まってます。もちろんデタラメ写真。これがデタラメとする根拠は、防衛省が動画で公開しています。もし、こんな記録がなかったら、他国の人は写真による印象でフェイクニュースを

負を正の成果に変える戦略

一般的に、成長戦略を考えるときには、市場の機会に自社の強みをぶつけます。弱みを補うより強みを生かす方が競争優位に繋がるからです。「負=弱み」でなく、負への対応も強みと考えると戦略の幅が広がるかもしれませんね。そろそろ次年度の事業計画作成にかかられる会社もあるのではないでしょうか?環境分析の際には、この視点を持って取り組

「トマト缶の黒い真実」を読んで

《輸入品(輸入後の国内での加工行為等が、実質的な変更をもたらしていないものを含む。)については、従来どおり輸入品として「原産国名」の表示が必要であり、原料原産地名の表示は必要ありません。》平成29年9月1日より、新たな加工食品の原料原産地表示制度が始まりましたが、輸入品については、従来どおり、「原料原産地名の表示は必要ありません」なのです。だから、粗悪な原料でも、有名産地の工場を経由すると商品価値が上がる可能性があるってことです。どんなトマトも添加物で調整し、イタリアのトリコローレカラーのパッケージに包まれると、美味しそうな商品に変身するわけです。私たちは、産地に影響されますよね。有名産地の食材は、それだけで美味しそうに感じます。

割り算には3つの考え方がある

「なんで、少数で割ると答えが増えるんだろう?」 「20を2で割ると10」 「20を5で割ると4」 整数で割ると元の数字より小さくなるのに 「20を0.5で割ると、40」のように少数で割ると元の数字よりふえてしまう???  割り算の考え方は、3つあります よく、割り算には2つの意味がる!と言われます。まぁ、その通りかなぁ。 でも、あえて3つに分けたいのです。なぜなら、ここであげる3つ目の考え方こそ、仕事の場で使うことが多いのではないか?と感じるからです。 だから、割り算の意味は2つで良いけど、考え方は3つということでお話しします

一燈提げて、暗夜を行く。暗夜を憂うること勿れ。ただ一燈を頼め。

「一燈提げて、暗夜を行く。暗夜を売れ減ること勿れ。ただ一燈を頼め。」 佐藤一斎の言葉です。この先どうなるかは誰もわからない。でも、だからといって、その暗夜を手探りで歩くような人生はいけない。足元を照らす灯りを持って生きていかなくてはならない。その灯りとは、自分自身である。ということをいっています。