運営管理一覧

「トマト缶の黒い真実」を読んで

《輸入品(輸入後の国内での加工行為等が、実質的な変更をもたらしていないものを含む。)については、従来どおり輸入品として「原産国名」の表示が必要であり、原料原産地名の表示は必要ありません。》平成29年9月1日より、新たな加工食品の原料原産地表示制度が始まりましたが、輸入品については、従来どおり、「原料原産地名の表示は必要ありません」なのです。だから、粗悪な原料でも、有名産地の工場を経由すると商品価値が上がる可能性があるってことです。どんなトマトも添加物で調整し、イタリアのトリコローレカラーのパッケージに包まれると、美味しそうな商品に変身するわけです。私たちは、産地に影響されますよね。有名産地の食材は、それだけで美味しそうに感じます。

工場の設備配置(レイアウト)

久しぶりに、工場の現場をみていろんな改善ポイントに気付きましたが、その前にレイアウトの基本を振り返りたくて書きます。レイアウトの分類は、大きく4つに分類できるかな?固定式レイアウト/機能別レイアウト/製品別レイアウト/セル生産レイアウト。それぞれの特徴については…

ECRSの原則

一般的に工場、いや工場に限らず、改善の手順としてECRSの原則というものがあります。E:Eliminate(エリミネート)【排除/そもそも必要なのか?無くせないか?】業務の目的をもう一度見直し、その業務は無くせないかを考える。C:Combine(コンバイン)【結合/一緒にできないか?同時にできないか?】業務をまとめて一緒に処理することで、かかる時間を短くできないかを考える。R:Rearrange(リアレンジ)【交換/順序の変更はできないか?人の変更は?】仕事や作業の順序を入れ替えることで、効率的にならないかを考える。S:Simplify(シンプリファイ)【簡素化/単純化できないか?】もっと省略したやり方で、同じ結果を生み出せないかを