コミュニケーション一覧

プライベートでも仕事でも、欠かせないのがコミュニケーション。何はともあれ、まず、笑顔!と普段はお話ししています。とは言え、技術的なものも身に付けたいものです。NLPを軸に語っております。

優れた上司

組織のパフォーマンスは上司の力量次第とつくづく思うところです。優れた上司は、部下をうまく使い、効率よく結果をだす。部下は快適に働くことができて、上司に貢献しようとする。結果として組織がうまく機能します。能力の劣る上司は、部下をうまく使えず、不効率な仕事をさせた上に結果も出せない。部下は不効率に働き、結果も得られないから、上司に不満を抱えながら仕事をした振りをする。結果として組織が機能しない。また、「君子は事え易くして悦しめ難し」…上司が立派だと、働きやすいけれど、悦んでもらうのはなかなか難しい。「小人は事え難くして悦しめ易し」…上司が立派でないと、働きにくいけど、喜ばせるのは簡単だ。言うことをよく聞く部下、愛想のいい部下より、迎合

パワハラの定義と分析と対処法

昨年、世の中を賑わせたパワハラ議員。熊本市の女性議員が失職しました。まっ、熊本市では有名なお話しで、やっと追い出せたかぁってところです。議員の兼業を禁止する地方自治法の規定に抵触したとして「議員資格なし」とする議案を全会一致で可決したことで失職したわけですが、普段のパワハラぶりの方が議員の資質として如何なものかと案じていたところです。で、今月16日、厚生労働省が検討会でパワハラの定義案を出したわけですが、セクハラやマタハラと違ってパワハラって法律による定義も規制もなかったんですね。その案は、1.優越的な関係に基づいて行われること 2.業務の適正な範囲を超えて行われること3.身体的、精神的な苦痛を与えること、又は就業環境を害すること

若者の人生変えるAI 丸の内より渋谷の方が抵抗強く

人工知能(AI)が人間にどんどん近づいている。三菱総合研究所の予測によると、2025年にヒトと自然なコミュニケーションができるようになり、2030年ごろにはAIが「人格」を備える可能性すらあるという。感情を持つAIが登場したとき、人間とAIは深いコミュニケーションをとれるのだろうか。もっと言えば「人間はAIをどこまで愛せるのか」。それは人間とAIとの関係を測る、究極の問いかけだ。

顧客との関係性を重視した小売店のコミュニケーション

情報通信端末の急速な普及に伴い、インターネット普及率は、2008 年に比べて、全体的に上昇しています。特に、高齢者層での普及が進んでおり、若者との情報格差は縮小傾向にあるとようです。つまり、機械に疎いと思われている高齢者層にもネット通販が介入できる環境がすでに整っているのです。そんな中、小売実店舗はどうあるべきか?