熊本地震から今日で2年(本震)

2016年4月16日1時25分。本震。昨日とは、桁違いの激震。今度ばかりは「死ぬ」と思った。数値上は余震と同じ震度7だけど、揺れ方は明らかに異なった。電気も消えた。あちこちで警察、消防のサイレン、火災報知器、警備保障の非常ベルが鳴り響いた。記録上は、余震14日、本震16日だが、その時間差は28時間。インタビューに応じたほとんどの人が、「昨日とは比べ物にならないほど…」と答えていたように、連日の地震だった。震度7の揺れ以降も、断続的に震度6〜5の余震が続き、なんとか耐えたマンションも、じわじわダメージを受けて倒壊するのではないか?という気がして、昨日のように部屋で寝る気にはなれなかった。家族と着の身着のままで小学校へ避難することに。

熊本地震から今日で2年(余震)

2016年4月14日21時26分。生まれて初めての大地震だった。立っていられないほどの揺れの中で、這ってドアを開けて逃げ道を確保したことは覚えている。妻と娘は入浴中。後から聞いたら、妻は風呂の中で波にさらわれ、娘は洗い場で風呂桶にしがみついていたらしい。マンションの6階で体験したその揺れは、尋常ではなかった。幸いしたのは、停電しなかったこと。妻と娘は、服を着て逃げる準備、私は逃げ道の確認。被害状況が判らないので、エレベーターは使わず階段で降りるが、怖くて怖くて。途中で階段がなくなっていることも想像しながらの避難コースを確認した。準備ができたところで、家族で一旦避難。大勢が通りに出て、様子を見ている。皆、家の中では落ち着かないのだろう

割り算には3つの考え方がある

「なんで、少数で割ると答えが増えるんだろう?」 「20を2で割ると10」 「20を5で割ると4」 整数で割ると元の数字より小さくなるのに 「20を0.5で割ると、40」のように少数で割ると元の数字よりふえてしまう???  割り算の考え方には、3つあります よく、割り算には2つの意味がる!と言われます。まぁ、その通りかなぁ。 でも、あえて3つに分けたいのです。なぜなら、ここであげる3つ目の考え方こそ、仕事の場で使うことが多いのではないか?と感じるからです。 だから、割り算の意味は2つで良いけど、考え方は3つということでお話しします

Plantronics M70とE500の比較

ヘッドセットを使い始めて7年。ヘビーユーザーとして記録しておきたいと思います。いくつかのヘッドセットを経て、落ち着いたのが「Plantronics」。Plantronicsは「Marque2 M165」、「M70 Black-White M70-BW」、「EXPLORER500-G」の3種を経験しています。M165は、非常に評価も高く、私もなんの不満もなく使っていましたが、今現在、正規の値段で売っているところがなかなか見当たりません。プレミアがついているのか、バカ高いです。なので、実質はM70とE500の比較を行います。ちなみに、

困難の数だけ成長の機会がある

監査法人って、経営を指導したりする、頭が良くて偉ーい方々の集まりだと思ったら、以外に一般企業と変わらないことに取り組むんですね。できれば、普通の企業が悩むようなことに取り組んで欲しくないなぁ。そんなことは、とっくの昔に解決していますぅ、みたいな態度でいて欲しいです。先生と呼ばれているんですから。ま、「時間外労働削減!」と言っている人事部が、一番時間外労働が多いってこともあるか。

車なんてなきゃないで困らない?

記事では、マンションの大規模改修費用について、不足している物件がほとんだとした上で、駐車場収入の見込み違いに触れています。免許を返上する高齢者、車離れする若者のダブルパンチで、マンション駐車場は余るというのです。そりゃそうでしょ。住居の中でも、中心地に集中するマンションは、私が知る範囲でもその傾向はありましたよ。地方都市でそんな状況だから、三大都市なんか深刻な問題なんでしょうね。車が必需品なのは、交通の便が悪い田舎です。まちづくり三法の中心市街地活性化で、市街地の利便性は向上し、中心地は公共交通機関で充分生活できますから。でも、地方では、これに気づいていない人が多いんです。いまだに車がなきゃ生活できないと思い込んでいる人。

ななつ星が帰ってきたぁ

全てが、富裕層向け。建物、食べ物、飾り物、全てが超一流です。食べる場所や、泊まる場所自体が、通常は予約なしにはいけないようなところだし、観光地で遣うバスもななつ星専用で塗ったりシートだったり、ドレスコードが決められていたり、私のような庶民は、落ち着かないようなことばかり。ただ、最高のサービスが用意されているのは間違いなさそうでした。

ブックホテル気になるなぁ

読書離れが進んでいるという。しかし、その一方で、読書をコンセプトにした宿泊施設「ブックホテル」が増えているのをご存じか。その先駆けとなるのが「BOOK AND BED TOKYO」で、池袋本店・浅草店・京都店・福岡店に続いて、今春に新宿店がオープンする。「泊まれる本屋」をコンセプトにしたホステルで、利用客は20〜30代が中心だ。そんな流れを受け、出版関係の企業も宿泊施設運営に乗り出す。日本出版販売と自遊人は、箱根・強羅エリアにブックホテルを中心とした複合施設「箱根本箱」を夏をメドにオープン予定。宿泊すれば、客室でゆっくり読書を楽しめるほか、ブックストアやレストラン&カフェ、ショップ、コワーキングスペースなど、日帰り客でも利用できる施設を併設する。